障害年金受給事例

【うつ病での障害年金】脳脊髄液減少症で本人申請、不支給後にご依頼いただいた事例

30代男性(長崎県南島原市在住)

傷病名…うつ病

受給できた年金…障害基礎年金2級(事後)

受給額…約78万円

ご依頼までの経緯

脳脊髄液減少症での障害年金の申請について以前からご相談を受けていた方からのご依頼でした。最終的に脳脊髄液減少症での申請はご自身でされたのですが、結果は不支給。

その後、再度申請をしたいとのことで正式にご依頼いただきました。

遠方だったこともあり、ご依頼後のやり取りもLINEやメールでご対応させていただきました。

弊所での対応

まずは、前回申請書類の内容を確認しました。(申請書類を確認すると内容にいくつか気になる点があり、当初から弊所にご依頼いただいていれば脳脊髄液減少症でも受給ができたのではないかと感じました…。)

脳脊髄液減少症の症状になかなか改善が見られず抑うつ状態となり精神科に通院。うつ病との診断もついていたため、脳脊髄液減少症とうつ病の2つでの申請をする方針に決め、障害年金の申請にあたっていくつかご本人にアドバイスをしました。

その後、発症から現在までの病状や日常生活状況等を細かくヒアリングし、重要な情報・必要な情報を取捨選択し、参考資料としてまとめ医療機関に診断書の作成を依頼。

事前に必要な情報や書類をいただいていたこともあり、診断書を受け取った後は内容に不備等が無いか確認し、その他の申請書類を準備し速やかに提出することができました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級で受給決定。約78万円の受給ができました。

障害年金の申請は弊所にお任せください

障害年金は請求しないともらえない年金です。

きちんと請求すればもらえる可能性があり、本当は障害年金をもらえる権利があるのに、受給できていない方がいらっしゃいます。

私自身、過去にうつ病で精神科に通っていましたので、精神疾患のつらさは良く知っています。

障害年金に関して気になることがありましたら、お一人で悩まずまずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームやLINE、Chatwork、InstagramからのDM、お電話などお客様のご都合の良い方法でのやり取りが可能です。(全国対応可能)

また、弊所へ障害年金申請手続きをご依頼いただく場合は、以下の「障害年金申請手続きご依頼フォーム」からご連絡いただきますとスムーズに手続きに取り掛かることが可能ですのでぜひご活用ください。

障害年金申請手続きご依頼フォーム

最近の記事 おすすめ記事
  1. 障害年金の請求方法のひとつ「事後重症請求」とは?
  2. 年金生活者支援給付金
  1. やまと経営者連盟のロゴ
  2. 年金額や年金の保険料について
PAGE TOP